派遣薬剤師の声を拾う

TOPへ 派遣薬剤師の職場選び 派遣薬剤師として知っておきたいこと@ 派遣薬剤師として知っておきたいことA 派遣薬剤師として知っておきたいこと@ 派遣薬剤師として知っておきたいことC

薬は病院で買えばよい?!

薬

アトピー性皮膚炎などで処方される「ヒルドイド」、美容目的のために、病院で処方してもらう人が、後を絶たず問題になりました。 この際、保険適用から外したらどうか、という意見もあり、外した場合、年間93億程度の薬剤費削減とも言われています。

この問題で1番まずいのは、美容雑誌などの記事で「ヒルドイドが良い」「病院でもらおう」などと宣伝されていたこと。 もちろん、こういった記事が「その乾燥肌、診断を」となっている場合は、問題はありません。しかし、そうではなく「3割負担で買える!」 「子供のを分けてもらおう」となると、これは問題になります。

医薬品が安直に使われる大きな問題の1つは、「ヒルドイド」が何なのかきちんと理解されていない、という点にもあるでしょう。 ヒルドイドの有効成分は、ヘパリン類似物質、この成分保湿作用もありますが、傷を治す、血行を良くするなど別の作用もあり、皮脂欠乏症の他、 角皮症、しもやけなどが適応、その他ケロイド対策や、関節炎にも使われています。もちろん、肌トラブルを起こす危険性もあるため、 医薬品なのですが、成分として、さほど強烈な効果があるわけでもありません。

保湿クリームというと「安いワセリンでもいいじゃないか」というケースがありますが、それに近い話といってもいいかもしれません。 劇的な成分ではないものに、なぜ美容雑誌が飛びつくのか?それは目新しさと、お得感です。 「病院で使用されています」というキャッチフレーズは魅力的、それだけで効くような気がしてしまいますね。 その上、他人の処方箋を分けてもらうということになると、かなり金額的にお得、入手した達成感はかなりのもの。

診断料を入れると、実費でワセリンを買う方が安い可能性もあるんですが、それより「気分的な効果」が高くなるのです。 国民皆保険の落とし穴とも言えますが、それだけ、世の女性は化粧品のコスパに満足していないということなのかもしれません。

美容と医療の境目は?

ヒルドイドにもジェネリックはありますが、あまりそちらは話題にならない。となると、やはり薬としてはいいのかもしれない。 その理由を考えてみると、ヒルドイドは比較的、入っている成分がスタンダード。大きく肌トラブルを起こすものがなく、 使いやすいというメリットがあるのかもしれません。

逆にいうと、このスタンダードな効果が化粧品では出ない、もしかすると逆にトラブルを起こしている可能性が高く、 今回のようなことが起きてしまったことも考えられます。

化粧品は医薬品ではありませんが、その分使う回数はほぼ毎日で、頻度も量も高いですよね。合わないものを使っている場合、 かなり健康を害する可能性もあります。しかし、医薬品というカテゴリーを外れると、人の警戒心は薄まってしまいます。 カフェイン飲料の死亡事故がありましたが、サプリや健康食品も「手軽」に使っていい、と思われる分、事故も起きやすいのです。

ヒルドイドの乾燥肌についていうと、女性が圧倒的に多い、合わない化粧品や、きつい洗剤を使うということで、 原因自体が発生している可能性が高いのです。どちらも、薬剤師が関与することで、防ぐことが可能です。

例えば、洗剤が原因の場合、物自体を変える、手袋の勧めがありますが、育児介護に忙しい、ゴムアレルギーというケースもあるでしょう。 こういった生活上のトラブルに、合わせたものを勧め、改善策を勧めるのが調剤薬剤師の大きな仕事の1つです。

厄介なことに乾燥肌というと、紫外線などが思い浮かびますが、特定個人の生活のどこに大きな原因があるのか?は、話を聞かないと解らない。 そもそも先天的なのか、老化によるものなのか?が解らない。

また、肌乾燥というのは、かゆみや痛みなどを引き起こす原因でもあり、人前に出られないという原因でもある。 両方が病的な領域に達した時のために、ヒルドイドはあるのですが、この判断はグレーソーンも多いですね。ということは、調剤薬剤師の活躍の場として、 今後期待していいのではないかと思うのです。

自己判断に寄り添う

とりあえず、今回のヒルドイド乱用による事故報告はされてない、ということは第1医薬品指定ということも可能。つまり一気に保険適用外にするのではなく、 狭くして、一部を市販とする。すると、比較的いい落としどころに落ち着くのではないでしょうか。

美容というジャンル、以前カネボウの白斑問題という「病気」のエリアに達する事件が起きたこともあり、侮れません。 またセルフケアがどの程度、どういうトラブルを起こしているのか?も、今の所解りませんね。

しかし、今後セルフメディケーションは、増えていくことが予想されます。そうなったときに大事なのは、医薬品だけでなく化粧品、 サプリも同じこと。特定の品だけでなく「特定個人」に焦点を当てることが、今後の薬剤師には必要なことではないでしょうか。 AIにはハードルが高い、人間薬剤師の力量が試される点になるでしょう。

 

© Copyright 派遣薬剤師の声を拾う All rights reserved.