派遣薬剤師の声を拾う

TOPへ 派遣薬剤師の職場選び 派遣薬剤師として知っておきたいこと@ 派遣薬剤師として知っておきたいことA 派遣薬剤師として知っておきたいこと@ 派遣薬剤師として知っておきたいことC

ブラックな職場って、どういう職場のこと?

ブラックな職場

派遣薬剤師の職場選びで1番気になるのは、いわゆる「ブラック職場」 具体的には、どういう場所を指し、何が起きているのか、気になりますね。

ブラックである可能性が高い職場は、離職率が高い、つまり店員の回転がやたらに早い、という特徴があります。 これは薬局に限らず、すべての職種に言えること。その原因が過剰な労働にあるのか、人間関係などそれ以外の所にあるのかは、 外部からは見えませんが、少なくとも「ここで働きたくない」という状況があるからこそ、人が辞める。 結果、いつも店員が違うということになるのです。

ただし、中小薬局になると、人手自体が元々いないため、やめさせてももらえない、ということも起きます。 一定人数がいるのに、店員が変わる店舗は、注意した方が良いですね。

また、残業が多いケース、ドラッグストアの調剤の場合、受付時刻が決まっているため、その長さが多少目安になります。 ただし、大手の場合書類整理など、薬剤師業務とは関係のない雑務も増えがち、そういった仕事がやたらに多く、かつ残業代が手薄、 という可能性もあります。

派遣薬剤師の注意点の1つに、キャリアアップがあります。単純に「調剤の場数を踏む」ということであれば、 それも1つのキャリアとして考えられます。しかし、ひたすら段ボール箱整理に書類書き、といったことをどこの職場でもやらされる、 という可能性もあります。これでは、職にあぶれないというだけで、薬剤師という国家資格が何のためにあるのか、解りません。 大手ドラッグストアほど、雑務は増えると考えられるので、派遣の場合、規模やチェーンを変えてみるという手もあるでしょう。

もちろん、あるチェーン薬局に行ったら、かなりきちんとした仕事が出来たという場合は、同一チェーンを希望した方が、 同じような仕事が出来る可能性は高くなります。雑務扱いというのは、一時的には残念程度ですみ、また別の意味で職場で使える人になるため良いのですが、 毎回続くと薬剤師としての技術も落ちてしまうため、注意しておいた方が良いでしょう。

休憩時間や教育制度にも注意

派遣薬剤師

大手薬局の場合、教育制度が整っている所は、ある程度、薬剤師のスキルアップを考えている、といっていいでしょう。

派遣が制度に適用されるかどうかは解りませんが、制度自体がきちんとできており、それが機能しているということは、 職場のチームプレーが出来ている、という証でもあります。制度上あるらしいが、機能していない場合は、要注意ですね。

ただし、小規模薬局の場合、元々即戦力という考え方をしている所も多いため、教育については、ある程度大手の薬局について言えること。 小規模店舗であっても、派遣を雇うということは、当然、指導者がいるわけです。派遣に任せておけばいい、と、オーナー不在が多いケースなどは、 薬剤管理自体がきちんとできているのか、どうかに疑問が出てくるため、これもやや注意が必要です。

ただ、小規模の場合は、職場の全体像を見やすいため、単純にオーナーがそういう性格であり、自分の働き方次第で特に問題が生じないケースもあります。 いろいろ質問をしてみるなど、職場におけるいろいろなケースを想定できるよう、こちらから、仕掛けてみるといいかもしれません。

次に休憩時間です。ブラックというと、この過重労働のイメージですね。働く時間が長く、休憩が取れない、という職場の場合、 どうしても店員がすさんできます。態度が荒れ、やはりチームとして機能していない、ということが起きます。 単純な過重労働ということだけでなく、チームがすさむ、そして薬剤管理が出来ていない、ということになりかねません。

女性の妊娠出産や、育児その他の休暇がきちんと取れるか、どうかも目安の1つです。
元々取りづらくその旨を説明してくれる職場の場合、休暇に対する意識自体はしっかりしているため、まだ良いのですが、 福利厚生を大々的にうたっているのに、どこか不一致という場合は注意。こういう職場に離職率が高い傾向も見られます。

元々のルールがどうなっているのか、そこに対して現実に即した説明があるのか?も、職場の見極めポイントの1つです。

論外な薬局

最後に、不正請求をする、など、マナー違反が多い薬局も存在はします。こういった薬局は、何かが起きた時、まず派遣を切る可能性も高いです。 そして、ルールに関して「仕切り」をする人がいる可能性も高くなります。つまり人間関係がブラックである可能性も高いのです。

薬剤師の目から見て、倫理的に「いかがなものだろう」と思われる職場にいても、派遣の場合は、次につながるプラスは無いのです。 こういう場合は早めにやめた方が良いでしょう。また結局、こういう薬局も離職率が高くなります。

難しいのは、大都市と田舎では、病院や調剤などの感覚が異なる点、とはいえ給与はいいが、納得はしかねる点があれば、 それがどんなことなのか書きだす、仕事全体像を見てみる、構造的に納得しかねる場合、根本的に改善される見込みは低いです。 構造上の欠陥がある職場〜ブラックという見方をすると良いでしょう。

 

© Copyright 派遣薬剤師の声を拾う All rights reserved.