派遣薬剤師の声を拾う

TOPへ 派遣薬剤師の職場選び 派遣薬剤師として知っておきたいこと@ 派遣薬剤師として知っておきたいことA 派遣薬剤師として知っておきたいこと@ 派遣薬剤師として知っておきたいことC

派遣という自由がもたらすもの

派遣薬剤師t

派遣薬剤師は、どのような感じで働いているのでしょうか? 結構な高給をもらえる話から、実はブラック…まで、諸説ありますよね。 派遣薬剤師の生の声を、ちょっとチェックしてみることにしましょう。

まず、1番ポピュラーなタイプの薬剤師、中規模都市のドラッグストアなどに、も比較的多く存在する場所の派遣をやる場合について。 給料は一般正社員よりも、やはりやや高めにはなるようです。だからといって「高給取り」とまではいかない。 高給取りというのは、実際の給与所得もありますが、そういった地位の人が持つ福利厚生や、信頼感などが、かなりものを言う部分があります。

例えばローンを組むとき、500万だが派遣と見られる可能性もあるし、300万でも正社員という扱いを受ける可能性もある。 『高給取り=人生安心』のイメージがありますが、派遣である時点で、さほど周囲は安泰という目では見ないというのが、まず1つ。 そのため、自分で高級とも自覚しにくい、ということがありますね。 ですから、例えば男性薬剤師が結婚しようとしたとして、 地位や年収に引っかかることはない、しかし「立場が微妙」という自覚を持ってしまう可能性も考えられます。

他の職種に比べ国家資格を持ち、いつでも仕事があるような状態であっても、やはり「派遣の持つ安定感のなさ」は、 どこかで感じてしまうということ。ですから、結婚のようにどこかで根を張るような心構えになりにくい、という面も出てきます。 そして、決して低所得ではないが、人生万全というほどの高給ではない。これである程度遊んで暮らせる、という目途は無い程度の給料です。 もちろん狙えば、年収1000万近い薬剤師になれないわけでもない。 しかし、こうなった所で、この地位がいつまで続くのかは全く定かではない。 どちらかというと「継続しない」ことだけは確かなのです。

1億ならまだしも、税金などを考えると、一時的に年収が4ケタになったから、といって、羽根を伸ばせる状態ではない。 派遣薬剤師の収入は、特に生活に困らず、やりたいことは、ある程度問題なくやれる、ということに留まるようです。

もっと詳しく派遣薬剤師の生の声を知りたいからは薬剤師派遣についてまとめたサイトなどを参考にするといいでしょう。

ステップアップはどうなる

派遣薬剤師 ステップアップ

将来が見込めない理由の1つは、解りやすいステップアップがないという点です。

例えば病院薬剤師の場合、任される裁量が増えるなど目に見えて、地位が上がる可能性があります。しかし、調剤の派遣の場合、 何年たっても登録販売責任者程度という可能性も大きいのです。

もちろん正社員でも、同じ状況は考えられます。いつまでたっても立ち位置が同じ。しかし正社員の場合、 1つの場所で患者さんの名前を覚えていくというようなことがあります。すると、特定の人の薬歴などを覚えますね。 そしてそこに後輩が入ってくることもある。すると、患者さんの申し送りが出来るようになります。 つまり、同じワンパターンでも1か所に留まれば、体感的に成長を味わうことにはなるのです。

しかし派遣の場合、職場を変わることが多く、そのたびに待遇は同じ、となると、全くのルーティンになります。 そして、その間に自分自身は歳を取るという変化があります。

多くの人は、歳ともに何かしらの学びがあり、それが話のネタになったりするもの。 しかし、派遣という浮草仕事の場合、 そこから外れてしまいます。 もちろん派遣というのは、あくまで就業形態、資格が必要な薬剤師の場合、何かの目標を持ち、 場所を渡り歩くのであれば、それはそれで、立派なステップアップと言えます。

ただし、その立ち位置を他人が与えてくれるわけではない、ということです。 結果的に、調剤薬剤師としての人生は派遣でも正社員でも同じようなことになるかもしれませんが、そこに充足感やイエスを付けるのは、 正社員の方が簡単、ということなのです。

働く場所が移るからこそ、自分に対して「イエス」と言える方法を作る能力は必要ですね。

生き方に彩を

そしてステップアップするばかりが能ではありません。世間の正社員は、仕事に追われ、それ以外の時間を捻出出来ずにいるケースが多く見られます。

地域貢献や趣味、若いうちからやれればいいのに、ということを諦めざるを得ないのです。

しかし、一定所得と仕事場がある派遣薬剤師の場合、若いうちからこういった2足3足の草鞋を履き、生きることが可能です。 そして、そういった所で薬剤師として、得るものもあるかもしれません。

最近は、副業可能な仕事も多いですが、何を副にするか自分で決められるのが、派遣という働き方。 同時並行的に色々なことを学ぶという考え方にすれば、派遣のメリットが大きく活きてくることでしょう。 また、歳を取ってからの生活保障が手薄になりがちなのも派遣、しかし、若いうちからいろいろな生き方を確保しておけば、 いきなりリストラを受ける正社員より、ずっと老後の選択肢が多くなる、という考え方も出来ます。

いずれにしても、若い時期、やれることが多い時期に、多様な生きかたをすることも含め、自分の軸をある程度作る意識を持つことは、 派遣には欠かせない。また派遣薬剤師という立場を有効に活かす方法でもあります。

 

© Copyright 派遣薬剤師の声を拾う All rights reserved.